胃に感染するピロリ菌とは

胃に感染するピロリ菌とは 胃にすみつく菌の代表としてピロリ菌という悪い菌が存在します。
ピロリ菌は主に子どもの頃に感染し、いったん感染してしまうと除菌しない限り、ほとんどの場合は胃にすみついたままとなって胃潰瘍や十二指腸潰瘍など、様々な胃腸の病気の原因となります。
成人してからの感染の場合は激しい胃痛などの症状を伴うことがあります。
一般的な菌は非常に強い酸性の胃の中では生きていくことができませんが、ピロリ菌は特殊な酵素を出すことで、酸性の胃の中にすみつくことができます。
感染原因は多くの説があり、はっきりとわかってはいませんが、コップの回し飲みなどでは感染しないと言われています。
最も可能性が高いのは親から子どもへの食べ物の口移しなど、親子間での感染であり、親子のどちらかに感染が疑われる場合は家族でそろって検査を受けることが菌を早期に発見し、対処するコツです。
子ども時代に感染した場合、自覚症状が見られることがほとんどないため、胃の不調などを慢性的に感じる方は一度ピロリ菌に関する検査を受けてみることが大切です。
成人では水道の完備ができていない海外での生水を飲むことで菌に感染する可能性があることが指摘されていますので、海外での飲料水には注意しましょう。

ピロリ菌の除菌について

ピロリ菌は、人の胃から発見された細菌です。
身体の免疫機能が、しっかりとできていない子供のころ感染すると言われています。
とても弱い菌なのですが、感染して胃の粘膜に侵入すると、アンモニアを発生し、その状態が長く続くと、炎症を発生して慢性胃炎となります。
人の体は、何か刺激が加わると、その状況に適用しようと組織が変化します。
ピロリ菌により炎症が続くと、胃の粘膜は腸の粘膜に変わり、この菌が住めない状態にしようとしますが、この変化がうまくゆかないと、胃癌が始まるのです。
現在ピロリ菌を除くのに保険が適用されていたのは、胃潰瘍と十二指腸潰瘍でしたが、2013年2月21日から慢性胃炎もこの菌を除くことが保険適用となりました。
胃潰瘍、十二指腸潰瘍と内視鏡検査で確定診断された慢性胃炎にかかっていれば、ピロリ菌に感染しているかどうかの検査を受けます。
この検査には6種類ありますが、その中の1種類をうけて、内視鏡で胃の中を検査し、この菌による慢性胃炎と診断されると、この菌の除菌を行います。
この菌を除くのには2種類の抗生物質と胃酸の分泌を抑える薬を7日間服用します。
4週間後にこの菌が陽性かどうかの検査をし(この除菌方法で約60~70%除菌に成功します。
成功できない場合は、この菌が使った抗生物質に耐性を獲得しているからです)陽性ならば、再度抗生物質の種類を変えて、胃酸の分泌を抑える薬とともに服用します。
2回の服用で胃潰瘍、十二指腸潰瘍は95%この菌を除く事が出来ます。
中には、この菌を除く治療を受けても偽陰性と言う人もいますので、この菌を取り除いても、半年か1年後には定期的に内視鏡検査を受ける事は大切です。

健康サプリも見ておこう!

胃もたれ、ムカムカ…。もしかしたらそれ、ピロリ菌のせいかも!?

»ピロリ菌 除菌

マヌカハニーが本来持つ抗菌パワーを紹介

»マヌカハニーの効果