塩分の過剰摂取はピロリ菌を増幅させる因子に

塩分の過剰摂取 塩分の過剰な摂取は、高血圧の恐れがあることは誰もが知っているでしょう。しかし、胃にも塩分の取り過ぎは、ダメージを与えてしまいます。
胃は、粘液で粘膜を保護しているのですが、塩分濃度の高い食品を習慣的に摂取し続けていることで、粘液を破壊し炎症を引き起こします。そのため、ピロリ菌そのものが発がん性に直結しない場合でも、引き起こされた炎症が発がん性を高めてしまう因子になり得ます。
そのため、食生活の習慣で高い塩分を摂取し続けることで、胃の炎症が起こり胃がんにつながると言われています。荒れた胃の粘膜では、ピロリ菌を増幅させることにも関係があります。
さらに、胃の粘膜が常に弱っていることで、ピロリ菌に感染している状態が知らずしらずに長い間続いてしまうことで、胃がんを促進してしまうこともあるわけです。
これらのことを考慮すれば、高血圧だけではなく胃がんの予防のためにも、過剰な摂取を控えることがとても重要だと言えます。

健康を阻害するピロリ菌の栄養源

体内で活動するピロリ菌は、体に対する悪影響を行う事で、様々な病気の発症原因になります。また、ピロリ菌は体に必要な栄養素を奪うので、栄養不足が発生したり、吸収が上手く働かないといった問題が発生します。
ピロリ菌の栄養は、粘膜にある消化中の成分であったり、体を組織作っている体細胞が挙げられます。完全にピロリ菌の全てが解明されているわけではありませんが、外部から栄養が必要な事は分かっているので、菌を減らし増やす為の餌を与えない事が大切です。食事を摂りながらも、菌と上手く付き合える様になる為のコツは、除菌作用のある食材を中心に摂取する方法です。
逆に、偏った食事は菌にとって好都合なので、無暗に食べたり食べ過ぎない事に注意が必要となります。バランスが良く健康的な食事は、自然に菌の増殖を抑える事が出来るので、病気の発症リスクを低下させたり、菌が悪さをしない環境作りに繋がります。
考え方としては、完全に菌を排除するのではなく、共存して生活を続ける事にあります。ストレスで免疫力が低下しなければ、極端にリスクが高まる事はないので、食事とストレスの両面で管理を行う事が役立ちます。