慢性胃炎(ピロリ菌感染)の検査と胃癌の内視鏡精密検査

慢性胃炎(ピロリ菌感染)の検査と胃癌の内視鏡精密検査 慢性胃炎自体(ピロリ菌)はありふれた病気で、日本人の2人に1人がピロリ菌陽性です。
慢性胃炎は胃癌の発生の原因と言われていますが、除菌することにより胃癌の発生を予防することができます。
ピロリ菌感染の有無を調べるためには、内視鏡検査を受けます。内視鏡検査が苦手という方は、血液検査や吐き出した息を調べる呼気検査、便中抗原検査などの方法を組み合わせて詳しく調べることがもきます。
内視鏡やその他の検査でピロリ菌の感染が明らかになった場合は、除菌治療をし、胃癌発症リスクを軽減します。
また、胃癌の診断には内視鏡で胃を内部から観察し、必要があれば胃の組織の一部を採取し、病理学的に診断します。
より詳しく観察するために、内視鏡施行時に色素を散布する色素内視鏡や特殊光での観察を行う場合もあります。
進行の程度に関わらず、症状がまったくでない人もいますし、早い段階から胃痛、胸焼け、黒い便が見られるなどの症状がでる人もいます。
毎年、健康診断を受け、しっかり治療、経過観察する事が大切です。

ピロリ菌検査を行うなら除菌実績多数クリニックへ

ピロリ菌は胃・十二指腸潰瘍や胃がんの原因になると言われており、早期検査、早期治療が大切になってきます。
衛生状態が今より悪かった時代を生きてきた50歳代以上の人の70%〜80%がピロリ菌に感染していると言われています。
ピロリ菌を除菌することで将来の胃がん予防の効果が認められています。感染している期間が長いほど胃がんになるリスクも高くなると言われていることもあり、できるだけ早い時期、若い時の除菌がすすめられます。
胸焼けがする、胃がもたれる、みぞおちのあたりに痛みがある、食欲不振や体重減少がある、胃潰瘍や十二指腸潰瘍になったことがある、などに心当たりのある人は早めにピロリ菌検査を受けることがすすめられます。
その時には除菌実績多数のクリニックに行くことが安心です。除菌実績が多数となるのは、検査を受ける人も多数ということで、そこで診断を受けるための内視鏡検査なども豊富な症例があります。
また、検査を受ける人にとっても受けやすいような時間帯などの配慮も十分されている所があります。