食後の腹痛もピロリ菌が原因の場合がある

食後の腹痛もピロリ菌が原因の場合がある 日本人の3人に1人ががんになる時代になっています。
その中でも日本人に多いガンが胃がんです。
胃がんになる理由はいろいろありますが、ピロリ菌が胃の中にいることで胃がんになるリスクはとても高いのです。
ピロリ菌が胃の中にいることで胃の粘膜を傷つけてしまったりただれてしまうことで、胃炎や胃潰瘍になることが多いです。
さらに胃だけではなく食後に、腹痛を起こすこともあります。
とくに食後に腹痛を起こしてしまうのもピロリ菌が原因になっていることがあります。
ですから胃の不具合だけでなく腹痛が一向に治らないというときには、おなかの検査のほかにピロリ菌の検査もやることが必要になってきます。
検査の豊富は昔でしたら胃カメラをやって胃の組織をとって検査をすることでわかりましたがいまは、検査機器に自分の息を吹きかけることでわかるようになってきています。
感染がわかってからの除菌も簡単なので検査を受ける人が増えています。
胃の痛みだけでなくおなかの痛みを感じたら検査をうけたほうがいいです。

ピロリ菌は薬で除菌できます

病気に関連するテレビや雑誌など多くの媒体でピロリ菌という言葉が使われるようになっています。
これは日常どこにでもあるというものではなく、また風邪や下痢などをおこす菌ではありません。
胃に感染いしている菌です。
日本人では数千万人が感染しているともいわれています。
ピロリ菌と胃がんはとても密接に関係していることが分かりました。
感染していない人は胃がんにならないのです。
しかしすでに感染している人も専用の薬で除菌することでかなりのリスクを下げることができます。
ピロリ菌に感染していると胃炎や胃潰瘍になりやすいのですが、まったく自覚症状が出ないという人もたくさんおられます。
内視鏡検査や呼気検査などで簡単に調べることができます。
胃の調子が悪い人や家族に胃がんの人がいた場合は早めに検査を受けることが望ましいです。
1週間程度薬を飲み続けることで簡単に除菌ができます。
胃がんは男女ともに死因の上位を占めます。
薬で除菌すれば胃がんを防ぐことができるのです。