ピロリ菌が生息しているか胃の中の状態を検査

ピロリ菌が生息しているか胃の中の状態を検査 日本人に多くみられる胃がんですが、この胃がんにはピロリ菌の存在が、深く関わっていることが確認されています。
1982年に、オーストラリアで発見されたピロリ菌は、胃壁の細胞の間に生息している細菌になります。
胃は胃酸によって守られているのですが、胃壁の細胞の間に棲みついているため、胃酸の影響を受けることがないようです。
胃が炎症を起こした状態が続くと、潰瘍ができたりがんになることがあります。
胃がんや潰瘍をつくらないためには、検査を行ってピロリ菌が生息しているかどうかを、調べることが大切になります。
この検査方法には、内視鏡検査や、血液検査、便を採取しての検査や、呼気を調べる呼気テストなどがあります。
医療機関によっては、検査を実施しているところと、していないところがありますので、確認されるのがいいでしょう。
ピロリ菌が、胃の中に存在するかどうかの、胃の状態を調べることで、胃がんの予防につながるといわれています。

ピロリ菌は殺菌する必要があります

ピロリ菌は、胃の粘膜に生息している螺旋形をした菌です。
胃や十二指腸などの病気の原因になる菌でもあります。
一度感染すると殺菌するまで胃の中に棲み続けます。
大人になってから感染する場合は、激しい胃の痛みの症状があります。
感染が続くと感染の範囲が広がり、慢性胃炎になり、慢性胃炎が胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんなどを引き起こします。
ピロリ菌を除菌する場合は、内視鏡検査などで胃潰瘍などがないかを確認します。
胃炎と判断された場合にピロリ菌に感染しているかを検査します。
検査は方法は、内視鏡を使用する検査方法と使用しない検査方法があります。
内視鏡を使用する場合は、内視鏡で胃の中を観察し、内視鏡で採取した組織で検査を行ないます。
内視鏡を使用しない場合は、血液や尿検査、薬を飲み一定の期間が過ぎたら息を調べる方法、便を採取する方法があります。
検査によりピロリ菌がいると判断された場合は、薬を服用して除菌します。
治療が終了した後、4週間以上経過してから再度検査を行い、この検査で菌が残っていなければ除菌の完了です。