ピロリ菌対策は加熱が有効

ピロリ菌対策は加熱が有効 ピロリ菌とは正式名称ヘリコバクター・ピロリの略称であり、胃の中に潜む細菌のことを言います。
通常、胃の中は胃酸と呼ばれる強い粘膜で守られていますが、このピロリ菌に関しては層粘膜の中で潜伏しているため、胃酸に攻撃されることなく活動できるのです。
さらに胃酸の攻撃から身を守るためにウレアーゼと呼ばれる酵素を吐きだしているのですが、この酵素は胃の粘膜をアンモニアと二酸化炭素に分解してしまうので、それにより胃の粘膜が傷つきそこから炎症を起こして胃炎を発症させます。
このような状態を放置しておくと慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などを引き起こし、胃がんになるリスクを高めてしまいます。
ピロリ菌の明確な感染経路は分かっていませんが、口からの感染が確認されているため食べ物や飲み物に注意を払う必要があります。
尚、ピロリ菌は熱に弱い細菌ですので、野菜などは加熱してから食べることをおすすめします。
特に井戸水など衛生状態の良くない水には細菌が存在している可能性が高いので、必ず加熱してから利用するようにしてください。 "

ヨーグルトにはピロリ菌を減らす効果がある

ピロリ菌とは胃の中に潜伏している細菌のことであり、詳しい感染経路はまだ不明ですが口からの感染が確認されています。
世帯別にみると50代以上の感染率が高くなっており、これは上水道の設備が万全ではない時に飲料水や食べ物を経由して感染したと考えられるからです。
ピロリ菌に感染したままの状態でいると、慢性胃炎や十二指腸潰瘍、胃がんなど胃および腸の重大な疾患を招く恐れがあります。
そんな恐ろしい性質をもつピロリ菌ですが、ヨーグルトを食べることで除菌効果が期待できます。しかしながら、通常のヨーグルトでは効果はありませんので、LG21乳酸菌が含まれているヨーグルトを食べることが重要です。
このLG21乳酸菌は胃酸に強いため、長い時間胃の中にとどまる上にピロリ菌が苦手とする乳酸を作り出します。これにより細菌が死滅されると考えられています。
但し、LG21乳酸菌入りのヨーグルトだけでは完全に除菌することはできません。きちんと医療機関で検査を受け、投薬治療と併せて食べることをおすすめします。