ピロリ菌と口臭との関係

ピロリ菌と口臭との関係 幾つかの病気を引き起こす原因ともなるピロリ菌ですが、実は気になる口臭とも深い関係があると言われています。
ピロリ菌は、胃を攻撃することによって胃の不調を招くことになります。
具体的な症状としては、吐き気や胃のもたれ、また胃痛や消化不良などといった症状です。
仮にピロリ菌が原因で消化不良になった場合、食べた物はなかなか消化されなくなり、いつまでも胃の中に溜まったままの状態になります。
こうした状態が続くと、胃の中では異常発酵が起きます。
それによって、アンモニア臭のような強烈な臭いを生じさせることになります。
このように、胃の中に充満した悪臭のガスは血液を通して体中に巡り、肺を通って口臭として排出されるというわけです。
このように強い口臭がする場合、ピロリ菌に感染しているというシグナルともなり得ます。
それで、胃に対する負担を減らすような生活習慣を心がけると共に、出来るだけ早く医療機関の診察を受けることができるでしょう。

胃ガンにならないためのピロリ菌の検診

胃ガンの原因となっているピロリ菌を早期に発見するためには、定期的に内視鏡による検診を徹底する事が大事です。
近年は内視鏡の検査の品質が高くなっている傾向で、早期に発見して除菌などの治療を行う方法もあります。
最近は内視鏡による検査を受けなくても簡易的な検査によって、ピロリ菌の有無を確認する方法も登場しています。
診察用の薬剤を用いて、服用してから出る呼気に含まれるピロリ菌の有無で検査を行う方法があって、内視鏡による体への負担がない事で人気になっています。
呼気による診断の行い方は、正確にピロリ菌の数を把握する事が目的で、様々な検査の方法よりも精度が高い事が特徴です。
体内にウイルスなどが侵入すると、抗体の反応を示して人間は大きな病気を防げる特異的なシステムを構築しています。
抗体の性質を活用する事を念頭に置いて、体内の血液などを使って抗体の反応の度合いを検査する方法もあります。
検査の結果によって、胃ガンのリスクなどを診断する流れになっています。