ピロリ菌によるリスクを回避する方法

ピロリ菌によるリスクを回避する方法 ピロリ菌によるリスクを回避するためには、ピロリ菌の除菌をするという方法があります。
除菌をする際には、まずは検査を行います。
その結果、感染していることが分かったときには薬を服用して除菌という治療を受けることができます。
感染率は上下水道が普及する以前の世代で高くなっています。
乳幼児期に上下水道が十分に普及していない環境で育っていたり、感染している人から食べ物を口移しするなどのことで感染することが考えられるため、リスクを避けるためには注意が必要です。
除菌しても再感染の恐れがありますし、リスクを回避するためには食事での対策が効果的です。
ヨーグルトやココアなど殺菌に役立つ食べ物を積極的に利用しましょう。
ピロリ菌に効果のある食べ物としては、ヨーグルトやココアのほかに、マヌカハニーやブロッコリースプラウト、ワサビの葉、ワカメやもずく・昆布などに含まれるヌルヌル成分であるフコダイン、緑茶などがあげられます。
食生活に上手に取り入れて対策をしておきましょう。

ピロリ菌の除去治療で副作用は起こる?

胃炎や胃がんの原因になるということで除菌しておいた方が良いと言われているピロリ菌ですが、その除去治療にはマクロライド系やペニシリン系の抗生物質を一定期間内服する必要があるので、その抗生物質の副作用が出ることがあります。
そのため、これらの抗生物質で過去に副作用を起こしたことが無いことを確認するとともに、投与前に検査によって胃の中に菌の存在をしっかりと確認してから投与を始める必要があります。
主な副作用として薬疹などが出る人もいますが、よく起こるものとしては下痢や胃痛などの消化器症状です。
抗生物質がピロリ菌のみに効けば良いのですが、腸内の正常な細菌にも抗生物質が働いてしまい、軟便や下痢を起こしてしまいます。
他にも味覚異常を起こすこともあります。
様々な副作用がありますが、飲み忘れがあるとピロリ菌の除菌が不十分で一度勢いが無くなったピロリ菌が息を吹き返して、再度増殖してしまうこともあるので注意が必要です。